僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

【デパプリ】13話感想。拓海の秘密・・・!!

デパプリ 13話 ネタバレ感想

※この記事はネタバレを含みます※

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓本文は下記から↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

今こそ明かされる、拓海の過去ーーーー!!

(1年前・・・)

 

タクミの父親はクッキングダムの関係者であり、そしてクッキングダムのパワーストーンを息子である拓海に引き継いでいた。

『おいそれと使っていい力ではない。・・・分かるな?

拓海は母とゆいのために力を使うのだった。

但し、人知れずに・・・!!

 

ということで今回はタクミ覚醒回でした!(推定)

すみません、間違っているかも(^^;)

ハッキリと拓海が活躍した描写は無かったけど、ゆいの戦闘をこっそりサポートしたように思われました。

そしてゆいの覚悟を知ったようです。マリちゃんにたぶらかされている訳ではなく、みんなの想いを守るために自ら戦場に向かっている、と。

タクミとマリちゃんの軋轢も泥沼化しなさそうで安心ですね。

ただ、反対にマリちゃんから拓海を不審に思うかもしれないですね。

クッキングダムのパワーストーンを使っている謎の少年。

 

そして新たに発見された事実。

タキシード仮面らしき拓海の衣装は自前の物。

普段は自宅のクローゼットにしまっているようだぞ。

正体を隠すために着る感じなのだろうか?

それともプリキュア達同様に衣装によってパワーが増幅するのかな?

これは今後の重要な考察ポイントだな。

 

そして遂に戦線に降り立つナルシストルー。

ジェントルーよりも強い力を持っているらしく、レシピッピを奪う時に料理に関する大事な思い出も奪ってしまうという凶悪な性能を持つ。

そしてモットウバウゾーという強化されたモンスターを操る。

今までジェントルーを洗脳して起用していたのは「土地勘があるから」という理由らしい。

 

モットウバウゾーの力は強く、プリキュア達をパワーとスピードで圧倒する。

怒れば怒る程にその力を増すという底知れない強さも持っていそうだ。

試合序盤に倒してしまわないと厄介なタイプだな。

プリキュア達の攻撃は当たらないし、当たっても跳ね返されるし、拓海によるサポートが無ければ勝てなかったかもしれない。

しかも1000キロカロリーパンチの直撃でも決め手にはならなかったし、耐久力も上がっているんだろうなぁ。

スパイシーとヤムヤムの進化した技も効いていなかったし、敵もどんどんと強化されているぞ。

 

ただ、流石に三位一体のハートジューシーミキサーの攻撃は効くようです。

そうなると単体のハートジューシーミキサーアタックがどの程度の決定力があるのかが気になるなぁ。

 

ということで次回は遂に拓海の戦闘衣装のお披露目になるようです!

その戦闘力には期待してしまいますね!