僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

AWSの勉強のためには経験談を読むのが良いのでは・・・?

AWS 勉強 経験談を読み漁りたい

AWSを勉強しているが、流石に学習量が半端ではない。

サービスを網羅するのさえ一苦労だ。

用途に応じて細かくサービスや設定を使い分けることが出来るため、学習という面では『似通った物が多い』という困った事態になっている(^^;)

こと試験においては自分の頭の中でサービスを区分けして正しい知識を引き出す必要があるので、それらを正しく理解するためにはどうしたらいいのか・・・?がテーマとなっている。

データ保存一つをとってもサービスが多すぎるぜ(^^;)

 

そこで考えたのが印象的なエピソードをたくさん読むこと。

もうね、文字だけを追って記憶するのは無理がある。

僕がバカだから、というのは到底否定は出来ないが・・・

ちょっと単語を覚えるのには限界を感じました(^^;)

 

つまり、ストーリーで覚える作戦ってことですね!

記憶ってやつは余計な情報があった方が頭に残るという物。

関連情報が多い方が記憶しやすいし、忘れてしまったとしても思い出すための引っ掛かりが多くなるのだ。

って訳で広いネットの海を探してみるが意外に難しい。

まず最初にヒットするのがAWSの公式サイトだ。

ただ、僕はバリバリの日本人なので文章は日本語で読みたい男だ。

そうなるとAWSのサイトはやはりどうしても少し読みにくい・・・気がする。

英語しか対応していないページがかなりあるから、Googleの自動翻訳頼りになりがちなんですよね(-_-;)

 

もっとフランクに情報を仕入れたい、と思った。

思案思案・・・。試案。

 

案①Qiita:王道と言えば王道。情報が古いこともあるので要注意!

案②YouTube:情報量は多い。が、浅めの情報が多いのも否めない。

案③Udemy:ちょい敷居が高いよね。時間もお金も必要。

 

う~~~ん、この中だとQiitaが一番参考になったかなぁ。

Udemyは特定の講座を使ってめちゃくちゃ勉強になりました。

が、今回はトドメにエピソードが欲しい、という目的なので・・・

そう考えるとQiitaかな、と思いました。

YouTubeはね・・・初学には良いかもしれないけど。

めっちゃくちゃ基本的なことか極端な意見が多い(^^;)

流し聞きする分には良いかもしれないな。

 

・・・何だかんだですがね。

公式が一番かもしれない(笑)

情報量が多い。乱読してもしきれない・・・!

やはり公式ドキュメントを大事にするべきなのだろう。

プログラミング言語の調べ物をする時にもよく言われますけどね。

勉強がてら原文で読むか。

 

[後日追記]

YouTubeはやっぱり情報不足な感は否めないかな。

主要サービスとか概念に対する開設動画は多いけれども、逆に専門的な領域になると全然日本語の情報が無い。

・・・というのが素直な感想。