僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

【基本情報技術者試験 令和4年春季】午後試験の感想、そして対策!

基本情報技術者試験 午後 合格した

午後試験・・・無事に突破できました!!

運が良かった!運が良かったとしか言えない。

出題内容次第では落ちていただろうな・・・(^^;)

せっかくなので各問題についてコメントを書かせていただきます。

 

【目次】

 

1.得点結果

(必須)問1:情報セキュリティ ← 100%

(選択)問2:ソフトウェア ← 76%

(選択)問5:プロジェクトマネジメント ← 100%

(必須)問6:データ構造及びアルゴリズム ← 64%

(選択)問12:ソフトウェア開発(表計算ソフト) ← 100%

⇒合計:87.5点

 

2.試験の感想

得点結果だけを見ると楽勝に思われるかもしれませんが、昨日まで過去問を解いて得点が全く安定しませんでした。

特に今回の合格にとって問12の満点がデカかった。

Pythonと表計算の両方で選択できるように準備していたんですが、表計算を選んで良かった・・・!!

 

とりあえず情報セキュリティ、ソフトウェア、プロジェクトマネジメントを急いで解きました。多分この時点で50分経過くらいでしたね。

残りの100分の内、55分を表計算、40分をアルゴリズムに充てました。

5分くらいで全体の見直し。選択ミスしていないか、など。

プログラミングとアルゴリズムに苦手意識がありましたが、時間さえ懸けることが出来れば何とかなるかな、と思っていたので初めからこのつもりでした。

っていうかアルゴリズムは最悪捨てても良いかな、と思っていたのでまずは表計算に取り掛かり、時間をかけて満点を取りに行きました。

残りの余った時間でアルゴリズムを攻略する算段。

結果的にその作戦が功を奏した、と言える結果でしょう。

アルゴリズムが本当に安定しなかったので、アルゴリズム以外を本気で頑張って、アルゴリズムは部分点を全力で狙いに行きました。

そう考えるとソフトウェアが76%なのはちょっと計算外でしたね(^^;)

アルゴリズムの結果次第では危なかったと思います。

 

基本情報技術者試験ドットコムだと各問題を30分で解くような感じでタイマーが用意されていますが、アルゴリズムとプログラミングが苦手な人はそれ以外を15分くらいで解くくらいが目安かと思います。

ケースバイケースですが、問題文を全部読まなくても解ける問題も多いです。

時間かければ配点率の高いアルゴリ達のトレースに時間を費やして正答率を高められる!

 

3.各問題へのコメント(今回の試験に限らない範囲で)

(必須)問1:情報セキュリティ

問題パターンは正直それほど多くない印象。だいたいWEBサーバ関係?

過去問を繰り返し解いておくことで、回答を考えるための思考パターンを身に着けておくことが大事だと思います。

あと、確かな知識が無いと解けない問題も頻出されるし勉強の時間をかけるべき。

 

(選択)問2:ソフトウェア

問題文を理解することが大事というか、理解をミスると回答へのズレに直接的に繋がります。問題文へのマークとかメモをフル活用して臨んだ方が良いですね。

問題文さえ理解できれば出題内容自体はそれほど難しくないと思います。

問題文の理解とキーワードを抑えることが大事!

 

(選択)問5:プロジェクトマネジメント

この分野は午後試験のための勉強した記憶が無いです。結構簡単なイメージ。

ただ、経営とか計算が多い出題もあるので、僕はそれが来たら他の分野へ逃げるつもりでした。計算ミスが多いので失点しやすい(^^;)

実は僕が受けたプロジェクトマネジメントも結構計算が多かったんですが、出題内容的に簡単そうでしたので予定通りに受けました。

 

(必須)問6:データ構造及びアルゴリズム

思いつく対策は、とにかく情報を書き出すこと。

変数の意味とか格納する値とか、実際の値を使ってトレースする時とか、重要な情報を書き出して目に見えるようにしておく。

そして疑似言語の各ブロックが『何のための動作』なのかを理解すること。

アルゴリズムの問題は全てそれを問う問題と言っても過言じゃないと思います。

各ブロックの意味が分かって、変数の役割を理解すれば、絶対に解ける!

これは練習あるのみだと思います。僕は練習が足りなかった(笑)

 

(選択)問12:ソフトウェア開発(表計算ソフト)

業務とかでExcelを使う人にとって断トツで理解がしやすい問題だと思います。

プログラムで何をしたいのか、とかどういうことを実現したいのか、を理解することが大事。

あと、関数が『照合一致』とか『垂直照合』とか『最大』みたいな形で表示されているので初見だとちょっと戸惑うかも。

MATCHとかVLOOKUPとかじゃないんですよね。

試験中に記述方法や関数の意味を見ることも出来ますが、残り時間に響くので理想としてはしっかりと覚えておくことですね。

でもそこにリソースを割き過ぎる程のものでもないけど。

僕は回答への確証が欲しかったので関数の意味を結局見ました。

(セルの値を返すか位置を返すか、とかで引っかけきたりする)

 

 

・・・以上です。

午後試験はしっかり対策をして臨めばかなりの確度で合格できると思います。

僕は前回それが足りていなくて落ちちゃって、今回もかなりヤバかったです。

そして直前対策としてはとにかく過去問を沢山解くことをお勧めします。

解くことだけじゃなくて解説もしっかり理解する。

それが間違いなく得点に繋がりますね(^^♪