僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

のびのびと話せないアスリート達・・・?

アスリート 言論統制 露骨

北京オリンピック開催中ですね。

スノーボードとか連続技を決めているみたいでカッコいいですね(^^♪

って感じでテレビ観戦していたら思うことがちらほら。

選手へのインタビューが不自然・・・?

 

ここ数年アスリートの言葉へのバッシングが加速し続けている、という背景がきっとあるのでしょうね(^^;)

恐らくSNSの功罪でしょう。一般人の言葉が世界に広まりやすくなった。

結果、インタビューで回答する内容が凄く定型になっている気がする。

もしくはスポーツの世界では自分の言葉をコントロールすることで感情を制御する技術があるので、それが広く取り入れられた結果なのかもしれない。

 

丁寧で前向きな言葉・・・まあ良いことなのでしょうね。

ただそこに感情が乗っている選手は全然いない気がする。

言葉は悪いかもしれないけど無機質というかね。仕事として処理している感ありあり。

自分から望んでそうしているなら良いけど、やはりマスコミとSNSによる言論統制がなされているんじゃないかなぁ。

 

金メダル取得者への生インタビューとか、多分生ゆえなんでしょうね。

アナウンサーによって着地点がコントロールされている。

『○○だからこそ獲れたメダルってことですね』とか言っている。

いやいや、そんな風には(まだ)言ってなかったぞ(^^;)

 

別に俺には関係ないやん、って話で世間からすれば「うるせぇよ」ってことなんでしょうが・・・。

最近の僕のテーマとして『型にはまり過ぎない』というのがあって、少し重ねてしまう所があるんですよね。

他者からの視線を意識しすぎて自分らしさを持って活動できない。

っていうのはヤバい、と感じている。

 

とは言えねぇ・・・アスリートともなると世界から注目される訳で、その言葉一つでバッシングが云百万と集まる方々ですからねぇ。

インタビューをそつなくこなす、というのも必要な技術なんでしょうね。

少し寂しい気もする。