僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

公式ドキュメントを自動和訳して読むと脳が壊れそうになる(笑)

公式ドキュメント 英語で読むべき 和訳はダメ

プログラミングをするなら英語と仲良くしたい(^^♪

公式ドキュメントを読むには英語が必要だ。

タイトルの通りだが自動和訳された日本語を読んでいると支離滅裂で意味が分からなくなる(^^;)

そんでもって嫌になってブログとかを漁っていると、それはそれで痛い目を見ることになる。

AWSのコマンドラインを調べていて上手くいかないなと思ったら、記事が古すぎて全バージョンのコマンド仕様で書いていたようだ。

僕がもちろん悪いんだけれども素人にはきついって・・・(-_-;)

 

つまり何が言いたいかというと『公式を聖書とせよ』ということ。

公式に書いていることは信頼度が段違いだもの。

僕もたまにバッチの記事とか書いているけど・・・。

動作確認とか結構気を使っているけれどもそれでも不安だもの。

 

まあブログの良い所って一足飛びで答えが得られそうなところなんですよね。

検索ワードにズバピタでハマるサイトがあったら嬉しくなっちゃうもの。

結果、泥沼にはまってしまうこともあるんですけれども(^^;)

 

それにやっぱり情報量は圧倒的に英語の方が多いんですよね。

仮に公式サイトを度外視するとしても英語は出来た方が良い。

日本語じゃヒットしないような内容でも英語だったら普通に質問サイトが出てきたりする。

やっぱりグローバルスタンダードは英語なんだなぁ。

 

こうなったら俺はもう英語から逃げない。

公式ドキュメントに全力ですり寄るとしよう。

分からない単語があってもGoogleさんが助けてくれるからね!