僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

弱いくせに使命感を持つなよ!!(自虐)

自分で自分を苦しめる メンタル

爆発的に疲れている。

理由はいくつか心当たりがある。

が、それらの根幹には無意味な使命感がある。

たいして出来た人間でもないくせに人並み以上をこなそう、と息巻いて空振りだ。

 

・勉強しなきゃいけないことが山ほどある

・早く仕事できるようにならなきゃ迷惑だ

・新しい環境に慣れて馴染まないといけない

⇒だからもっと努力しなきゃ・・・!!

⇒結果、業務時間外でも身の丈に合わぬ勉強で疲弊している。

 

でもね、だからと言って全てを放り出して遊び惚けようとしてもダメなんですよ。

ただでさえ駄目なんだから休みも惜しまずに努力しなきゃ。

ゲームなんかしている場合か??

弱音を吐いているんじゃないよ雑魚野郎。

と、自分を罵倒する声が聞こえてくる。

 

やりたくないけど勉強しないといけない。

義務感に侵された努力。効率の悪さは天下一品だ。

・・・これではいけないと分かっている。

 

必要なのは意識の改革だ。

勉強はやったほうが良いことだ。自分の人生を豊かにする。

ただ、それを「やりたい」と思えていない精神状況が良くない。

その原因を分析すると「アホなプライド」に辿り着くのだ。

自覚しているなら直せよ、と自分に言い聞かせたいところだ。

 

あと、僕は自分を出せない性分の男である。

「こう振る舞わなきゃいけない」という自分の中でのルールが強い。

それもまたバカバカしいことだと思う。

結果、自分の心を縛って無駄に疲弊させている。

もっと素の自分をぶちかませよ、と言いたい。

決められた範囲内での言葉しか吐き出せない自分に辟易している。

 

たまに真面目な人間ほど壊れやすいと聞くが、恐らく自分を解放できない類の人間が壊れやすいのではないかと思う。

真面目に見える人間ほどそういうタイプの人間が多いのだろう。

 

分かっちゃいるが・・・

分かっちゃいるが自分を変えることが出来ない。

今からも無駄に自分を鞭打って勉強するのだ。

勉強をしない自分が許せない。勉強をすることが楽しめない。

そんな状況なのだ。つまり馬鹿なのだ。

疲れているせいで心が前向きにならないのだと思う。

無理やりにでも前向きに考えた方が幾らかマシかもしれない。

でもそんな自分さえも嘘っぽく映ってしまうことだろう。

自分が納得できるレベルに到達することでしか解放されない気がする。

結局、頑張りなよ自分ってことなのだ・・・。強くなれ。