僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

文字だけの議論は不可能。SNSバトルは止めましょう!

自由を考える

文字だけの議論に危うさを感じる。

これは手を出してはいけない、と思う。

特にインターネット。不毛な上にマイナスが当たり前だ。

議論の参加者は全員バカだ。

何を言っているかなんて関係ないでしょう。

 

文字だけの議論は必要最低限の文字情報だけを交わすから、思い込みや情報選択というバイアスが思いっきりかかる。

しかも文字での議論はターン性。基本的に一方通行。

相手の意見を汲み取ることは二の次で自分の言いたいことを言うだけの場になっている。

そう、そもそも議論ではないのである・・・。

 

TwitterとかLineとかSNSでの文字バトルは絶対にやめましょう。

お互いのためになりませんから。

コミュニケーションってやっぱりノンバーバル情報が大事なんです。

言葉でなくとも大切な情報です。

 

だいたい文字バトルで勝利したところで何が得られるのか?

意味の無い言葉のラリーに脳のリソースを割かれるし、メンタル的にも荒む。

仮に論破したところでプラスなんて絶対にない。

どうせバトル中の下らない言葉尻を表面的に捕らえているだけなんで。

 

っていうのも、僕もやらかしがちなんですよね(^^;)

大体仕事に関するメールでメラメラメラと来ると、会心のリプライをするために時間は取られるわ苛立ちはMAXに達するわで言いことなんて一つもない。

相手から論点ずれたドヤ顔メールでも来よう物なら『そこじゃねーよ!!』ってブチギレてより事態が悪化する(-_-;)

大体そうなったら論点のずれを指摘しても時は既に遅し。

っていうか自分の論理が正しい保証なんて微塵もないですしね(笑)

(正解は一つじゃないし人の数だけあるといっても過言じゃない)

 

前にもこれ系の記事は書いたと思いますが改めて言いたい。

っていうのもインターネットをしていると毎日のように不毛な議論を見かけるから。

多分、本当に世の中のストレス指数が半端ないんだと思います。