僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

【真・女神転生5】ネタバレを恐れずプレイ感想

女神転生5 プレイ感想 初めて

初めて女神転生シリーズに手を出しました。

以前から噂は聞いておりストーリーに非常に興味がありました。

何でも自分の選択次第でストーリーが大きく変わるんですって!?

善とか悪の単純な対立構造ではない。

秩序を重んじるか混沌を尊ぶか、はたまたどちらにも属さぬ中庸を貫くか・・・という絶対の正解など存在しない生き方を選択することになるゲーム構造と聞いております。

・・・お、面白そう過ぎる!

過去作のストーリーは見てみたんですが、中々に凄惨な物語でしたね・・・。

期待してしまう!

 

きっかけは御多聞に漏れずペルソナ5です(^^♪

あちらは人間社会の中での人の在り方がテーマだったと思います。

人間同士の関係性に重きを置いていましたので、世界観が似ているようで結構違うのが面白いですね。

(女神転生は人間と悪魔が同じ世界の中で共通言語を使って共生している。)

 

【目次】

 

(1)バトルに関するプレイ感想

難易度「normal」でプレイしているんですが、普通に何度も全滅を喰らう(^^;)

プレスターンバトルというシステムを初めてプレイしているんですが、例えるなら野球のイニングみたいなもの。

3アウト取られるまでは攻撃側のチームが一方的に攻めて、3アウト取られたら交代。

その3アウトの部分が仲魔の数や相手の弱点を突いたり攻撃にミスったりで変動する。

上手く攻めることが出来れば一方的にボコれるけど、その逆もあり得る(-_-;)

 

例えば戦闘開始して相手が4体くらいいて、さらに相手側の先制でバトルが始まったとする。

開始時点で『あ、死んだかも』って覚悟させられます(笑)

全体攻撃で弱点を突かれまくって相手が攻撃回数を稼いできたら、何も操作を許可されることなく全滅もあり得ます・・・。

 

弱点属性をばらけさせたりとか完全に相手属性にメタを張ることが重要ですが、対策していたとしてもその裏を突かれて全滅することもあります(^^;)

そして全滅したら前回セーブポイントまで戻されます。

結構、きつい(笑) めっちゃこまめにセーブポイントに通っています。

 

という訳でバトルに関しては常に緊張感があって面白いです。

先制攻撃されてしまう状況をいかに避けるかが大事ですし、自分たちの攻撃を外すだけでも大きく行動回数を損するので常に逆転敗北の可能性があり得ます。

雑魚敵戦でこんなに一方的に殺されることあるだろうか??

って素で思ってしまうゲームバランですが、それが良い!!

 

とにかく自分たちのターンで相手の数を出来るだけ減らして、アイテムも惜しみなく使って有利に進めて、相手に出来るだけターンを渡さない。

1戦1戦ごとに緊張感と戦略性を求められるのが楽しいですよ。

 

(2)ストーリーについて

まだ一度もクリアしていませんし、進捗具合も分かっておりません(^^;)

敵のレベルは30弱くらいなので普通のRPGなら中盤という気がするんですが、ストーリーとしては未だほとんど動いていない気もするんですよね?

 

東京を守るためにベテルに協力することになり、悪魔の強襲を受けてヒロインの友人が連れ去られてしまったので、奪還するために再びダアトに突撃したって感じ。

主要キャラクターたちの掘り下げも殆ど始まっていないし、まだまだ序盤な空気感があるんですがどうなんでしょう??

 

何が起こるか分からない・・・という怖さがありますね(^^;)

ヒロインの友人は殺人に加担してしまったような気がするし、多くの人間が蹂躙されているし、人間を糧に生きる悪魔も大勢いるしで怖い怖い。

人間も食物連鎖の一部であり、決して安全が保障されていない世界。

当たり前が当たり前のこととして享受できない。全力で守らざるを得ない世界。

さて、これから一体どうなるのだろうか?

 

(3)世界観について

やっぱり抜群に良いというか、他の作品にはない魅力がありますね。

日本における当たり前の秩序とかが存在しない世界観。

命のやり取りや略奪行為が当たり前。倫理って何だっけ??な世界観。

主人公たちはつい最近まで当たり前の世界にいたわけでプレイヤー達と同等の価値観を持っている訳で、感情移入がしやすいと思います(^^♪

ドラクエともFFとも全く違う異質な世界観。

多くのファンがいるのも当然ですね!

 

(4)主人公について

スタイリッシュでカッコいいですよね。

とは言っても直球のかっこよさではないというか。

最初は女の子??かと思っていましたが、いざプレイしてみると普通にカッコいい!

手を剣にするのもナイスなデザインです。

 

もともとは人間だったわけですが、人造魔人?と融合してナホビノという存在に変貌。

といっても融合を解除することも出来るみたいですが。

そして融合状態では大体悪魔として認識されることが多い。

戦力的にも確かに人間サイドではなく悪魔側の力を使っているし、まあそうなのかも。

それとナホビノ状態は神の禁忌に触れているらしい。

なのでベテルの中でも「始末の対象」であったり「頼れる戦力」であったり・・・

まあベテルの連中も全然一枚岩ではなさそうですしね(-_-;)

 

ベテルに属する悪魔は神様を信仰し秩序(法)の順守が最大の使命な感じ。

ベテルの人間は結構な生活感があるというか、神の存在を絶対視していない現代の日本人らしい価値観な気がする。生活のために連合を組んでいるような。

 

僕の操作する主人公はベテルの一員を始末してしまいました・・・。

だって罪もない悪魔を一方的に弾圧しようとしていたし(-_-;)

かといって助けた悪魔が人間を襲わない保証もないし。

っていうか多くのクエストが生命を刈ってこい的な内容で、『俺はどうしたら良いんだ??』って感じで揺さぶられています(笑)

 

これからどうなっていくのか怖くもあり楽しみです。