僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

やっぱり上司の仕事の丸投げはダメだなという話。

上司 丸投げ

最近、上司である課長さんが辞めました。

それによって体制変更を余儀なくされる我らが支店。

 

『これをチャンスと捉える』

『今までの真似ではなく進化をするんだ』

(おぉ~人数も減るというのに社長は立派なことを考えているんだなぁ)

『じゃあ、後は君たちで考えて!』

 

・・・ですよね(笑)

一大戦力を失ってガックシ来ているというのに無責任なことを言うものだ。

今まで蓄えられてきていた負の遺産を片付けろとのお達し。

そもそも負の遺産の責任まで押し付けられている(-_-;)

営業が存在しない商品を売って、納品出来ずに開発部と四苦八苦している我々の仕事のやり方がパーフェクトとは言えないとしてもだ・・・

『君たちが報告しないからだ』

で片付けられてしまっては堪まったものではない。

 

もう100%やる気が削がれました(-_-;)

責任転嫁をされるだけならまだしも改革方法まで丸投げとは。

こいつ上司としてはゴミの類やな、と思いました。

まあ営業力とパワハラに関しては社内で右に出る物はいないだろうが。

 

好意的に受け取るなら『好きに仕事していい』とも言えるかもしれない。

『現状の課題とか要望を言ってよ』って言われていたので事前に考えていたものを伝えてみたら何一つ受け入れられなかった。

僕だけでなく全員の意見がやんわりと却下された。

変革しようよ、とは何だったのか(^^;)

 

答えは全て決められていました。

とにもかくにも『見える化』。

情報共有や課題を把握できる資料をすべて作るように。

(まあ、それ自体はやる価値あると思うけれども)

 

正直、納得できませんでした。

問題の本質を捻じ曲げられている。

・・・ということで復讐をしようと密かに企てています。

勝ち目は多分ないのでしょうが、社長に戦いを挑みます。

真に変わるべきなのは自分たちなのだ、と気づかせるための戦い。

 

と言ってもやることは変わりません。

見えるかを突き詰めていけば客観的な事実が明らかになる。

そもそも無茶な商品を売っているのは誰なのか??

決められたスケジュールを守っていないのは誰なのか??

それらの事実を突きつける。それだけ。

良くても自爆で相打ちでしょうが、それもまた良し。

僕以降の世代が改善されることを願って。