僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

【風ノ旅ビト(JOURNEY)】ゲームみたいな映画・・・って逆か(笑)

①そもそも何故この記事を書くのか?

今さらながら"風ノ旅ビト(JOURNEY)"をプレイしました。

前評判通りの良作ゲームでしたね、ええ。

2回クリアしました。

良い意味で雰囲気ゲームなのは間違いない。

映画や小説のようなゲームというのも正しいと思います。

 

『良い映画だったよね』というじんわりとした感想。

自分の気持ちを空に放ちたくなるような感情。

『おれ、こんなにも気持ち良くなったんすよ。それでもってこれからも気持ち良くなるんすよ!』っていうのを知ってほしい。

マジで自己満足でしかない理由で記事を書いています(笑)

 

このゲームの魅力は色々な人が語っていますので、ここでは割愛。

他のサイトを見てね・・・っていうか早くプレイしてください!

百聞は一見に如かず。このゲームの魅力はやってみないと分からない。

僕もクリア後に色々なサイトを巡りましたが、全部なんか違うんです(^^;)

いや、それもそのはず。やってみないと分からないのよ。

 

瞑想体験みたいなもの。人から聞いた話では理解できないの。

自分が体験して初めて到達できる感覚なんです。

「これこれこういうゲームなんです~」・・・etc

残念ながら全部違います。いや、そういうことじゃないんだよなぁってなります。

でもね、やってみれば分かるんです!

 

とはいえ万人受けするタイプのゲームではないので百も承知。

このゲームが合わないだろうなぁ、という人の特徴を上げておきます。

・「ゲームとはこうあるべき」という想いが強い人

・アクションとかバトルとか操作的な課題を求める人

・考察とか想像とか嫌いな人

 

上記の特徴を有する人は高確率で向いていないと思います(-_-;)

向き不向き、好き嫌いの話であって、向いていないからどうなんだって話ではないですけどね。

このゲームに向いているのに出会っていない人がプレイするきっかけになれば嬉しいな(^^♪

 

多分僕はこれからも定期的にプレイすると思いますが、ゲーム性を求めるというよりかは既に視聴済の映画を楽しむような感覚でプレイすると思います。

プレイ時間は1時間程度ですから大体の内容は頭に入っていますが、何度も読んでしまう本とかあるじゃないですか?

それを読むような感覚です。何にも不思議じゃないんです。

 

②1回目のプレイ感想

前情報がほとんどない状態でのプレイでしたので手探りでプレイしていました。

「きれいな世界だなぁ」とか考えながらアレコレと試行錯誤しながら進めていく。

作中で説明らしい説明がほとんどないので自分がやっていることが正しいのか、とか何か抜けが無いかとか一切分からないけど楽しかったです(^^)

 

「この世界に何があったのか?」「一体、過去に何があったのか?」「あの生き物は何なのか?」「あいつ誰なんだ?」「そもそも俺って何者?」

そういう謎に対する回答が徐々に集まって考察も深まる楽しさ。

しかもそれらに対して文字を使わずにアプローチしてくる斬新さ。

映像と音楽の雰囲気で殴られる心地よさ。

 

何だかよく分からないけど面白かったぞ・・・

というのが初回プレイ時の感想です。

友達も一緒にやっていたけど彼はどんな気分だったんだろう?

 

③2回目のプレイ感想

1回目のプレイでは多くの謎が残りましたので、何が楽しかったのかを確かめるような気持ちで2回目のプレイに突入。

『ああ、アレってそういうことだったのね』っていう2回目の視聴あるあるを楽しむノリも確かにあったんですが、ここでめちゃくちゃ意外なことがあったんですよ。

風ノ旅ビト 感想 2回目

プレイ過程でもう一人の自分のような存在に出会うんですが・・・

その正体はまさかの別のプレイヤーでした!!

この衝撃。おったまげた。

 

1回目のプレイ時にも表れていたんですが、普通に作中のNPCかと思っていました。

「お、他にも生き残りがいたのか」とか「こいつ飛翔能力が高いな」とか「それでも主人公が必要ということは何か秘密があるんだろうな」とか思っていたら、まさかの意思を持った別プレイヤーだったとは・・・。

良い意味で衝撃でした。

 

それで相手の人がポワポワと光ってコンタクトを取ってくれたので僕もお返しにポワポワ。

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・。

何か照れるな(^^;)

 

と、言いつつも二人で協力して目の前の課題をクリアしていき、一緒にゴールしました。

「照れる」とは言いつつもこのコミュニケーションが凄く楽しかった。

物語の謎とかそういうのは全然はかどりませんでしたが、不器用に他人とかかわって進めていくのが何とも奇妙な心地よさがあったんですよねぇ。

 

1週目に出会っていた人には本当に申し訳ない。マジで知らなかったんだ。

仲間が道中で現れる怪物に襲われている時に、友達が『ざまあねぇぜ!』って言っていたのを思い出して怖くなってきました(笑)

 

2週目の人とは最後まで一緒に旅をしたんですが、お互いに合図を出し合って互いを導き合い、吹雪の中を協力して励まし合って進んできた相棒とも言える存在になりましたが、物語の終盤では・・・とても心に来るものがありましたね。

お互いにきっと思うところがあったのだと思います。

ゲームを通じてのコミュニケーションって面白いな、ってしみじみと思いました。

(ユナイトとかデドバとかとは全く違うコミュニケーションですがね)

 

一期一会の良さでもあり、寂しさでもあり、そしてそれが何度も同じストーリーに沿って繰り返されることに対する哀愁と言うか・・・

こう、胸にグッとくる物があるんですよねぇ。

そういう意味で2週目の方がこのゲームを楽しめたと思います。

だから同じ旅は一度として無いんですよね。

同じ道を歩んでいるのかもしれないけれど、全然違う旅なんですよ。

僕と相手の人が紡ぎあげる物語。

何だか人生みたいだね、とそれっぽいことを言ってみる。

 

そういう意味でも本とか映画に似ていると言えると思います。

1回目も2回目も3回目も・・・読んでいる文字は同じですが、それぞれ別の体験ですよね。

その時々に僕たちが得る物って違うんですよね。しみじみとする( - -)

 

 

もっと語りたい・・・。

一方通行ではなく他の人の意見とかも聞いてみたい。

多分今後もプレイしていくと思うので、いつか考察記事とか上げるかもしれない。

でもそういう記事ってやり尽くされているような気もしますし、僕が語りたいのはストーリーとかじゃなくて体験部分なんですよね。

プレイ感想の記事を新たに上げるかもしれませんね(^^♪