僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

会社では知識とか後に回してコミュ力を教育するべき!

部下 教育 順序

仕事をするには知識と経験が絶対に必要。

・・・ですが、そこに注力して教育するのは後で良い。

まずは『コミュニケーション』だ。

 

後輩たちを観察していて気付いたが、コミュニケーション能力というのは本当に人によって高低が激しい。

そして新入社員のコミュニケーション能力は我々が思っている以上に低い。

そんなの当たり前だろう??というレベルのことでも分かっていない人が殆どだ。

これは日本社会の学校教育のレベルの低さでもあると言える。

人と人が連携するためのコミュニケーション能力を教えられていない。

 

『マジで!!?』って言うくらいには低い。かなり高確率で。

あまり好きな表現ではないけど、陽キャと陰キャ。

この二つを比較すると圧倒的に陽キャの方がコミュ力は高い。

※ただしここで言うコミュ力は"打ち解けやすさ"ではない

(ちなみに僕は陰キャです。陰キャをバカにする気は毛頭ない。)

 

陽キャの方々はビジネスのコミュニケーションの常識を知らないだけ、のパターンが多い。知りさえすれば出来るようになるので身に着けるのも早い。

でも陰キャの方々はコミュニケーションを避けようとする傾向にある。

そういう意味で陽キャはコミュニケーションの基礎能力が高いと言える。

 

こればっかりは生まれ持っての性質もあるのだろう(-_-;)

でも、協力して仕事をしていく以上は互いにコミュ力は必要だ。

避けては通れない道、と思わなくてはならない。

 

いや、分かる。

すっげぇめんどくさいのは分かる。

先輩や上司やお客さんと交わすコミュニケーションって難しいしめんどくさい。

分かるんだけれども・・・身につけないと仕事にならないから。

 

あと、傾向の話で言うと男性よりも女性の方がコミュ力の初期能力が高いと思う。

まあコレは入社してくる人間の特性にも偏りがあるので確かなデータではありませんが。

 

まあ何が言いたいかというと・・・

上司にも部下にも両方に言うべきことなんですが。

教育はまずコミュニケーション能力から始めるべき!!

これに尽きる。知識とか身に着けても、それを運用できない人間が多い。

何故ならコミュニケーション能力が低いから。

やっぱり仕事においてはコミュニケーション能力が土台なんですね。

僕はこれを分かっていずに幾多もの失敗を犯してしまった・・・(-_-;)

 

だから陰キャの男性は覚悟をしなくてはならない、と思います。

自分が思っている以上にコミュ力が足りていない。ということを。

受信する能力、発信する能力、修正する能力・・・etc

大概の人間は鍛え直す羽目になるのだ。

そして上司サイドも同じことで、コミュ力を鍛える重要性を認識しなくてはならない。

勿論、自分も成長の途中であるのは勿論として・・・