僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

自分の能力・適正とは??

f:id:T-Orange:20210627120329p:plain

自分に一体何ができるのか??

自分は一体どういう人間なのか??

考えてみてもよく分からない。

この問いに答えを出すアプローチ方法には個人差があるのだろう。

 

僕は物事を考えるときに『比較』という手法を好んで使います。

壊れたPCがあれば正常なPCと比較して何が違うのかを考える??というような方法
論です。

そんな僕が自分の能力・適正を考える場合には『他人との比較』を試みます。

・・・が、そもそも自分以外の他人の能力がよく分からないという壁にぶつかる。

比較対象の情報があまりにも足りない。というか多岐に渡るというか・・・。

同じ社内での比較であれば出来なくもありませんが、ちょっと視野が狭い(^^;)

 

ということで転職サイトによくある診断ツールを使ってみた。

100個くらいの質問に答えまくって、その結果を総合的に判断する奴。

そう思う、どちらかと言えばそう思う、どちらでもない、どちらかと言えばそう思わない、そう思わない

・・・ってやつだ。

 

それを回答している時点で思うことがある。

自分、『どちらかと言えば』の回答が多いなぁ(^^;)

この辺の中途半端さが自分らしいと思うと笑えてくる。

 

その結果をまとめてみると下記のような感じ。

 

強み:積極的に取り組もうとする姿勢

弱み:他者への配慮、サービス

 

うん、分かる気がする(笑)

特に弱みの所はよく上司からも指摘される奴だ。

 

学習能力、問題解決能力が高め。

次いで行動力、コミュ力。

瞬時の状況判断は低め。

 

これも納得がいく。自分でコントロールできるところは努力できる自負があるんですが、反対に自分の力が及ばない領域への干渉が苦手なところがあります。

意外と診断ツールは役に立つのかもしれない。馬鹿にならんぞ。

 

行動の基準として最大なのは顧客のニーズ。

次いで自身の目標達成。その次に組織の目標達成。

最低なのは自分の興味・関心。

 

上司から思いやりが足りないと言われながら実は納得がいっていなかった理由はここにある。

僕は割と自分のことは押し殺して顧客利益の最大化を目指して働いているつもりなんですが、それが表現されていないのではないだろうか?

というか態度にうまく表現できていない??

ここの結果が非常に気になるところで他の人はどうなのだろうか??

 

向いている仕事スタイルは周囲の人を活かすジェネラリスト。

 

今の僕は先頭に立って皆を引っ張っていくように仕事をすることが求められているのですが、診断の結果だけを見るとあまり向いていなさそうに見える。

アタッカー性能ではなくサポート性能の方が適正だったようである。

何というか、適正について考えることが今までは無かったんですが、今の仕事での立ち位置はサポートタイプが強引にアタック性能を引き伸ばして成り立っていただけで、そもそもが向いているポジションではなかったのかもしれない(-_-;)

とは言え、人へのサービス適性が低い僕が周囲のサポートが出来るかも怪しいところだけど。

でも出来れば優秀なバディと組んで役割分担して仕事にあたりたいものだ。

 

向いている企業風土は、個々の役割がハッキリしていて自分の業務に集中できる場所。

 

これは誰でもそうな気がしますけどね(笑)

責任の所在が明らかでなかったりしたら誰しもストレスが溜まるという物かと。

 

 

結果、診断ツールは意外と使える。

という結論。

モヤモヤとしていた考えがハッキリと形として打ち出されるのは中々に素晴らしい。

自分以外の外的要因が導き出した結論という点も良いですよね。