僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

【テニス】遊び心を持ってから技術が伸びたと思う

テニス 遊び心 成長


学生時代の自分と今の自分がテニスの試合をするとどうなるだろうか?

スタミナとかフットワークに関しては比較するまでもなく衰えていると思うけれども、いざ戦ってみたら今の僕が勝つのではないだろうか。

・・・などとくだらない妄想をしてみる休日(^^)

 

今の自分はろくに練習はしていないけれども、技術の引き出しに関しては遥かに増えていると思う。

思い返せば昔の僕は同じような練習を繰り返していた。

サーブのコントロールを磨いたり、安定して攻めるためのストロークを繰り返したり、そうでなければフットワークとスタミナを鍛えていたり。

もちろん効果はあった訳だけれども効率的ではなかったと思う(-_-;)

 

当時は真面目にサーブとストロークとフットワークを鍛えれば強くなると信じて練習をしていた。苦手なボレーは捨てていた。

ストロークにしても極力スライスやドロップは使わないことを意識していた。

自分はストローカーとして強くなるんだ!と息巻いていた。

何と勿体ないことだろうか(笑)

 

テニスにはたくさんの可能性があるというのに、自分の浅はかな知識の中だけで好き勝手していたのだから。

今の僕なんて節操なしもいいところだ。

ボレーもスライスもドロップもガンガンする。

下手くそなのにサーブ&ボレーもする。

ロブだって使うしバックハンドは両手か片手かも特に決めていない。

今のほうが圧倒的にできることが多くなったと思う。

何でそうするようになったかというと『面白そう』だからである。

 

少し言い訳っぽくなるかもしれないけれど学生時代は真剣にテニスをすることを強要されていた。

というか真剣っぽく振る舞うことを求められていた。

遊び半分で新しい技術に挑戦しても良いような空気感がなかった。

下手くそなボレーを披露しようものなら「ふざけんじゃねぇぞ」という空気。

(コートを自由に使えるような権限もなかったし・・・)

 

でも今はそんな厳しいことをいう人は誰もいない。

思い付きで適当なことをしても全く構わない(^^♪

だからこそ今まで眠っていたスキルが一気に開花しているのだと思う。

何てことはない。やらないから苦手だっただけなのだ(笑)

 

今、同じ境遇にいる人がいたら言ってあげたい。

真面目にやっている分野こそ、たまにはふざけてやってみよう。

遊び心によって今まで見えていなかった境地が見えてくるのではないだろうか。

 

今まで敬遠していたサーブ&ボレーをやってみて、実感としてどのように役立つかが分かったし、反対にサーブ&ボレーの時に嫌なことも見えてきた。

遊び心を以てして新たなことにトライする。創造する。

これこそ正に真剣そのものだと思う。

 

という訳で僕は仕事にも遊び心を持ち込んでみようと思う。

仕事だからって肩肘張って息苦しくやるだけが正義ではなかろうよ。