僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

【映画】ミロクローゼの感想。これぞ映画って感じた!

ミロクローゼ 感想 好評価

ミロクローゼを観ました!

僕の中ではかなり高評価!!

なのでここからの文章は全て良い意味で語っています。

 

※ネタバレを含みます※

 

正直、パッケージだけではどんな映画か分からないんですが、正直な感想を申し上げると『何でこれ映画化したの(笑)』っていう作品でした。

もう一度言いますが良い意味です(^^)!!

 

それくらい素っ頓狂な世界観。ぶっ飛んでいる(笑)

個人の見た夢を映画化したんじゃないか、ってくらいストーリーも展開もぶっ飛んでいる。

だが、それが良い!!

 

その素っ頓狂な世界観がシュールで面白い。

クスクスと笑ってしまうようなズレがありました(^^♪

これもシリアスな笑いに属するのかもしれない。

多分、コテコテのギャグ漫画とか好きな人は好きなんじゃないかなぁ。

 

あとは俳優の山田孝之さんがすごいですよね。言うまでもないことですが。

『何でさっきの演技の後でこれが出来るんだ??』っていうくらいに振れ幅がすごい。

 

あなたさっきふざけてましたよね??

その直後に大真面目にドーンと決めてくるからそこも面白い(笑)

 

何か真面目なシーンだけど世界観が狂っている・・・、とかあの設定は

何のためにあったの?、とか謎の能力の説明は一切ないんだ、とかセルフ突っ込みをしていたらきりがないですね(笑)

 

あとミュージカルみたいにいきなり踊りだしたりするんですけれども、それが絶妙に外してくる。

ミロクローゼ ミュージカル

恐らくキャラに合わせて若干外しているんだろうな、っていうのが最高にクール!

 

個人的な見どころとしては殺陣のシーンですね。

スローモーションも交えて格好よく剣劇をしているんですが、それがシュールで面白かったですね~。

このシーン長いなぁ、一生観ていられるわ(笑)と思いながら観てました(^^♪

ミロクローゼ 殺陣

かっこよく舞っているけど、結局斬られてるんかーい(笑)ってシーンがおススメです。

足のあたりにかすって血が噴き出しているんですよね(^^;)

 

最初に『何で映画化したんだろ?』って言いましたけど、だからこそ『これぞ映画』って気がしますね。

 

別にストーリー重視の作品でなくても良いんですよ。

面白ければそれで良い。

大長編しか映画でないなんてことはないんですよね。

 

最後に。

今年一番面白かった!!