僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

人の心を棄てれば仕事力は上げられる。が、しかし・・・

闇堕ち 仕事

闇堕ちして、良いっすか??

と言いたくもなる。

闇の力に身を染めればお手軽に仕事力が上げられるのなら、それもやむ無しと思えなくもない。

 

思いやりとか優しさとか・・・

人間としての心を捨て去ってしまえれば、僕の仕事はとても効率的になる。

 

しかし、当然戸惑いもある。ブレーキを踏んでしまう。

闇の力の代償は大きい。

成果を上げられる一方で、相手方には冷ややかな目で見られてしまうだろう。

 

上司からは評価されるかもしれない。

でも部下からは冷笑されてしまうかもしれない。

後ろ指を指されてしまうような生き方をしたくない。

だから僕は闇の扉を開くことができないでいる。

 

本音を言わせていただくなら、きっかけが欲しい。

ブレーキを破壊してしまいたい。

気兼ねなく闇の力にエンジンを踏みしめたい。

自分の中でしょうがないよねと思ってしまいたい。

 

・・・あれ??

別に、それって、自分の問題なんじゃね(^^;)??

人にどう見られたいか、とか相手の気持ちを尊重しなきゃいけないとか、そういう観念を捨て去ってしまば良い。

覚悟が足りないだけだった?

 

今なら・・・行ける気がする。

いや、でも、早計な気もしなくもない。

 

感謝とか、根性とか、自分に足りないスキルをじっくりと伸ばす手もある。

人の心を捨て去ってしまえば、きっともう後戻りはできない。

もう少しだけ考えてみよう。

 

闇の力にそれだけの価値があるのか??

仕事はあくまでも仕事に過ぎない。

と、割り切ることができるか?

 

・・・行ける気がしてしまう。

マズい。実はもう闇落ちしてしまっているんじゃないだろうか(笑)?

 

せっかくの4連休だ。じっくり瞑想でもしてみよう。

考えた末に選択するのなら、それはもう仕方のないことだろう。

 

一つだけ未来の自分に対してフォローを入れたい。

人の心を捨て去ることは別に理不尽なことではない。

考え方がドライで効率的なだけだ。

 

誰かのために自分が犠牲になるような仕事スタイルだって、別に光の道とは言えないと思う。

鬼になっても良い。