僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

結果論だからこそ言える。コロナからの教訓と備えるべき厄災。

f:id:T-Orange:20200406225727p:plain

人類は新型コロナウィルスを軽視し過ぎていた。

 

結果論など誰にも言えることだが・・・だからこそ学ぶべきことは多い。

今更になって緊急事態宣言を出したところで既に被害は甚大だ。

(それでも出さないよりマシなのは言うまでも無いことだが)

 

早々に水際対策をきっちり行っていれば・・・

感染者が一人でも出た段階で社会一団となって隔離を出来ていれば・・・

 

たらればを言い始めればきりが無い。

しかしたらればが実行されていれば、間違いなく今のような大問題には発展していなかったはずだ。

きっと、『あの時の対策は大袈裟だったね』と未来の人に笑われていたとしても平和が守られていたことだろう。

 

何も起きない平常こそが幸せなのだった、と人類は気付かされる羽目になった。

人類が新型コロナウィルスを舐め腐った結果が現状なのだろう。

僕達は平和ボケしていた・・・。間違いなくボケていた。

 

そして今になってもなお、事態を自分の物として受け止められていない人もいる。

 

ウィルス感染は自分の知らない所で起きているし、自分の知らない所で猛威を振るって大被害をもたらしながらもいずれは収束するだろう。

 

そんな甘い妄想に浸って生きている人間がいる。

いや、多くの人間はその妄想の世界の住人ではないだろうか?

 

コロナウィルスが人類を滅ぼさない保証は無い。

 

状況は悪化の一途だ。何一つ好転していない。

むしろ・・・コロナウィルスはこのままいけば人類を滅ぼしてしまう。

ウィルスがいつ変遷して凶悪な殺人ウィルスに化けても不思議ではないのだ。

 

今更かもしれないけれども、それでも僕達は真剣に身を守る覚悟を持つべきだ。

ワクチンが出来るまで何とか生き抜かなくてはならない。

自分の命は一つしかない。

 

たった一つの敗北が自分の人生を終わらせてしまうかもしれない。

今はとにかく一時の油断もするべきではない。

他人事ではない。ミスをすればマジで死にかねない。

 

そして問題はコロナウィルスだけではない。

既に次の問題も想定するべき段階にあるだろう。

 

これだけ社会が混乱していれば、大概のことは目が眩まされてしまう。

凶事を為す準備をするにはこれほど適したタイミングも無いだろう。

 

恐らくコロナウィルスと並行して、人類に決して益とならない悪事も準備されているだろう。

まず間違いなく何かが起きる。起きないはずが無い。

僕達はその見えない恐怖にも身構える必要がある。

 

それに怖いのが人間の暴徒化だ。

事態が窮すれば人類は常識を外れた行動もとってしまうだろう。

災害時には人は狂ってしまう。これは歴史が証明している。

 

つい最近にも人類は狂った行動を連発していた。

マスクやトイレットペーパーを買い占めて高額で転売するという、唾棄すべき愚行に走った病原菌のような輩もいる。

(あまつさえ自分の行為を正当化していた輩もいる。控えめに言っても頭が病気だ。恥を知れと言いたい。)

 

そして本人に悪気が無いというのが非常に性質が悪い。

だから『狂った』という表現こそが適切なのだと思う。

社会環境は人を変えてしまうという恐るべき事実だ。

 

誇張表現では無しに、真面目に自分の身を自分で守る意識を強く持たなくてはならない。

悲しいことに警察官でさえもハッキリ言って信用ならない。

 

社会を混乱させたくて言っている訳ではない。

これから間違いなく社会は狂う。

人が人でなくなってしまう時が近づいている。

 

そのような悪夢の中で自分を保つためには覚悟がいる。

決して社会に酔わされてはならない。

 

今は大都市圏だけ緊急事態宣言をしているが、その状態が既にコロナウィルスを舐め腐っているだろう。

地方でも同様に感染者が爆増して同じ末路を辿ることが目に見えている。

何故、全国一斉に緊急事態宣言を行わないのか??

 

そんな場当たり的な対応をしているからこその"今"であると学ばないのだから不思議だ。

未だに政治家は平和ボケをしているのだろう。

だから自分の身は自分で守る努力をしなくてはいけない。

 

とにかく、今は状況を重たく捉えるべきだ。

覚悟をするべきだ。人類にとって苦しい時間帯がやってくる。

状況は好転しないと深く知るべきだ。

 

知るからこそ備えられる。生き残ることが出来る。