僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

ペヤング極激辛を美味しくいただくことは出来るのか?

f:id:T-Orange:20200319210718p:plain

極激辛ペヤングを買ってみました。

食べてみた感想は・・・

『止めておけばよかった』

『一口でも食うべきではなかった』

『二度とやらない』

どれもこれも(笑)なんて付けられないくらいの衝撃を味わった。

 

誇張表現抜きで一口でK.Oされました(^^;)

口の痛みが10分近く取れなくて滅茶苦茶焦りました・・・。

胸とかお腹が燃えるようで、かつ重くのしかかるような痛みでしたね。

 

堪らずに逃げ出してコンビニに向かってアイスとかジュースとかを買い求めたのですが、ほんの少しだけ闘志が湧きました。

 

『何とかしてあの地獄を美味しくいただけないだろうか?』

 

という訳で色々と買ってみて検証してみました。

 

①ペヤング(通常)

普通のペヤングを買って極激辛とハーフ&ハーフで混ぜ合わせてみました。

結果・・・焼け石に水とはこのこと!!

ほとんど意味がありませんでした(^^;)

 

②マヨネーズ

王道中の王道ですね。こいつは効果が高かったです。

が、辛みを抑えられるほどに投入するとマヨネーズの味しかしない(-_-;)

高カロリーなのにマズいという別の意味の地獄でしたね。

マヨラーなら大好物なのかもしれない・・・。

(しかも辛みによる痛みがなくなる訳ではなく鈍痛として残りはする。)

 

③バター

不思議なことに全く合わない。

焼きそばと全く調和していませんでしたね。

辛みを抑えるという意味では効果があったかもしれない。

しかし別に全然うまくはない。うん、無駄でしたね。

 

④オリーブオイル

オリーブ感が強く残り過ぎていて、これも正直微妙だった(^^;)

っていうか普通に辛くて食べられる代物ではなかった・・・。

 

 

結論:極激辛が強すぎる

 

こいつを美味しく食べる方法なんてこの世に存在しないと思う。

特殊調理食材なんじゃないかな(-"-)??

 

試せば良かったかなー、と後悔しているのが蜂蜜とかの甘い系。

いや、実は後悔なんて一切していないけど(^^;)

もう二度と口にしたくないしさっさと忘れてしまいたい(笑)

 

辛い物に甘い物で調和できたりするんだろうか・・・?

いや、辛いのに甘いとかいう脳味噌が破壊されそうな別次元の地獄に昇華しかねない。

 

真面目に罰ゲームとかで採用するには危険な代物だと思う。

本当に痛みが凄いから。簡単に拷問道具にもなり得るよ。

遊びで手を出してはいけない!

(大事な何かを守るためとかそんな理由が無いなら止めておこう!)