僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

日本人はコロナを乗り越えられるのか?

f:id:T-Orange:20200227141118p:plain

言うまでもないが、コロナウィルスが世界中で猛威を振るっている。
政府の水際対策がお粗末だったのも言うまでもないことだが、想像を超える感染力だったのも確かだろう。


世の中は理不尽なことだらけだけれども、コロナウィルスはその中でも一つの極みと言えると思います。
当然、こちらの事情など推し量ってくれないですし、やりたい放題されるだけですね・・・。


全国各地でマラソン大会とか勉強会等のイベントが次々と中止されていますし、就職説明会も出来ない所もあるらしい。
学校も近いうちに休校になるかもしれないし、コンサートも続々と中止になっています。
これって当たり前のようで非常に恐ろしいことで、日本人は遂に仕事すらも奪われようとしているわけです。


コロナウィルスがヤバいから満員電車の通勤を禁止とか、遠隔操作で仕事を推奨する、とか言っても当然それでは回らない仕事も数多く存在しています。
そのような人達が遂に『じゃあ仕事そのものを禁止』ってなったらどうなるか?


『やったー!! 仕事が休みだからポケモンGoに勤しもう!!』ってなるだろうか??
なる奴がいたらそいつは大馬鹿野郎だ。頭がおかしい。


仕事が出来なくなるということはお金が稼げなくなるということだ。
それはつまり明日を生きる力が奪われると言っても過言ではない。


仕事の休みが1日2日で終われば全然良いだろうが、長期に及べばどうなる?
『あなたは仕事を出来なったので給料は無しです』って言われて『ですよねー』と言えるだろうか?


仮に会社から給料が出たとしよう。
仕事をしていないのに給料が捻出されたとしよう。
それは一体いつまでもつだろうか?


結局、体力に余裕がある大企業は生き残れるだろうが、中小企業はコロナに淘汰されてしまうことになる。
口減らしに大量リストラが発生するかもしれませんね。


じゃあ政府が肩代わりしよう!ってなるかもしれない。
なったとしてその金はどこから出るのか?? ・・・言わずもがな。


コロナウィルスによる脅威は僕たちが思っている以上に喉元に刃を突き付けている。
果たして日本人はこの脅威を乗り切ることが出来るだろうか??
これは決して大げさな話ではない。


コロナウィルスにかかれば命が奪われてしまうかもしれない。
命は助かっても仕事をする力は失われるかもしれない。
そもそも社会において仕事をすることが不可能になるかもしれない・・・。


コロナウィルスで仕事が出来なくなったら、かなりゲームセットな状況だと知らなくはならない。
だからこそ、我々は仕事を断行することにもこだわらなければならない。
(と言ってもコロナが発症した人は出社してはいけない。)


乗り越えたいですね・・・コロナを。