僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

ゴムゴムの実を改めて考えてみた

「ルフィ」の画像検索結果

※この記事はネタバレを含みます※


悪魔の実を能力別に評価するのなら、現実の一般人が食すとどうなるのか?を考えるのが良いと思う。
ONEPIECE界は主要人物とモブキャラの戦闘能力に差があり過ぎるから(笑)


一般人は恐らく現実の人間と大差なさそうですが、ルフィはパンチ一発で超巨大蛇を沈める腕力を持っていますからね(-_-;)


その考え方で行くと、やはりロギア系の実はぶっ壊れ性能と言える。
標準機能として防御不要というチートがついてくるのだから。
(ヤミヤミの実は除外する)


さて・・・ゴムゴムの実はどうだろうか?

 

【ゴムゴムの実の強い点】
①打撃系の攻撃は基本的に無効化
ゴムゴムの実の一番の特徴と言える能力ですね。
実際、現実世界において打撃の無効化はかなり強力だと思います。
不意の交通事故なんかでもノーダメージでしょうから是非とも食したい!


②関節技も無効化
骨も筋肉も皮膚もゴムなので関節技の一切が通用しない
現実世界の格闘戦においては最強の初見殺しと言っても過言ではないでしょう。


・・・以上、かな(笑)


一応、ルフィは攻撃手段としてゴムの力を使用していますが、その大部分は現実の人間では不可能かと判断しました(^^;)


ルフィの超人的な身体能力によって発揮されている特異な能力ですね。
思えばルフィは第1話時点でゴムゴムの実の能力をかなり引き出していたと言えますね(^^♪


以下、詳細。


【ゴムゴムの力の活用例】
・ゴムゴムの銃
前方に腕を伸ばしてパンチのリーチを伸ばす技。
当然、距離が遠くなれば遠くなるほどゴムの縮む力によって威力は現象する。
常人の力で腕を振りかぶったとしてもどれだけ伸びることやら・・・。
(ほとんどの技において同じことが言えてしまう。)


・ゴムゴムの風船
空気を目いっぱいに吸い込むことで体を風船のように膨らまして弾性を活用できる。
肺を何倍にも膨張させるには凄い勢いで空気を吸い込まなくてはダメだ。


・ギア2
体内の血流を送るポンプの力を増強することで身体能力を上げる技。
かなり高等なゴムの使い方だと思いますが、これは常人でも可能なスキルかもしれない?


上記の通り、ゴムゴムの技の多くは驚異的な身体能力が基本となっているため、現実世界の人間では攻撃への転化は難しいと思われますね(^^;)


【ゴムゴムの実の価値は低いのか?】
・・・と言うと、そんなことはないと思う。
打撃と関節技が無効というのは格闘戦においては非常に有効です。
ルール有の格闘戦においては圧倒的なアドバンテージですので、刃物を持ち合わせていなければ勝つことは至難の業だと思います。


また、ゴムゴムの実の真価は集団戦において発揮されるようにも思われます。
何故ならその場合はゴムの力を攻撃に転化しやすいからです。
本人を何かに結び付けてパチンコとして運用したり、なかなかトリッキーな活躍が期待されますね!


【結論】
ゴムゴムの実は現実世界だと中々強いし、活躍の幅が広いといえる。
化け物だらけの作中世界だとしょぼく見えてしまうかもしれない。
(それ故にルフィのかっこよさが際立つんでしょうけれども!)