僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

【テニス】ライジングショット~ラケットは添えるだけ~

「テニス フリーイラスト」の画像検索結果

ライジングショットなんて簡単!

 というと誤解が生じるかもしれない。

だって、高いレベルで比較するならどのショットも難しいと言えるのだから。

 

ただ、普通のストロークやボレーと比較して難易度が高いかというとそんなことはないと思う。

他のショットと同じくらいの難しさである。

習得するだけなら全く難しくないと言っても過言ではない。

 

仰々しく名前を付けちゃってさ

ってなものである(笑)

練習すれば誰でも出来るショットだし、人によっては普通にストロークするより簡単に感じる人もいると思います(^^♪

 

意識するべきポイントは、『ラケットは添えるだけ』

特別に高等なスイングなんて必要ありません。

 

打球が跳ねて最高点に達する前にラケット面を合わせる。

フォロースルーでスイングはしますが、いつもよりソフトな感覚で大丈夫!

 

登ってくるボールを包むようにふんわりとスイングすれば良い。

どうしてもパワーを加えたいならスイングではなく、体重移動で覆うように前にボールを運んであげれば良い。

 

理屈っぽくするなら上記にはこういう理由がある。

①ライジングはボールが勢いのある内に打つから放っておいても速度が出る

②早いかつ意表を突くタイミングでボールを返せるので、攻撃性は既に十分

 

だからライジングの時は柔らかいスイングで丁寧に迎えてあげれば良いのだ!(^^)!

あとはボールの軌道とラケット面に気を配ればパーフェクト!

 

通常のストロークでは上から落ちてくる打球をスイングで叩くけれども、ライジングの時は下から上がってくるボールを打つわけで、ラケット面を直角に立てて水平にに当てるとすれば自然と打球は上を向く

(そこがいつもと異なる最大の点かもしれませんね!)

 

ライジングショット

という格好良い名前に尻込みする必要はありません(^^♪

特別な技術は必要なく、ちょっとした意識だけで安定感が生まれると思います。

 

ライジングショットはテンポだけでも高い攻撃力を持っているのです。

だからスイングにパワーはいらない。

ラケット面とほんの少しの前進で大丈夫です。

 

武器にするには多くの練習と試行錯誤が必要ですが、それらも全てライジングショットを習得をしてからの話です。

習得するだけならめちゃ簡単(^^♪

 

難しそうに解説しているのは、全て無視して良い。

物理的にシンプルに考えれば、自分でパワーのあるスイングをしなくても良い分、トライしやすい部類のショットですね(*^^*)

 

気楽に頑張ってください(^^♪