僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

なぜ理不尽はなくならないのか?そうか・・・!

f:id:T-Orange:20190802230309p:plain


不思議でしょうがないことがある。

 

なぜ、世の中から理不尽はなくならないのか?

・・・いや、その表現は少し違う。

 

なぜ、世の中は理不尽に溢れているのだろうか?

 

だっておかしいじゃない。

理不尽を強いて一体何の得があるのか?辛いだけじゃないか。

 

・・・ん?

あれ?何か引っ掛かるぞ(´・ω・`)?

 

あ。そうか。

 

理不尽を強いて得する人がいるんだ!

 

なるほど!! 完!!

 

・・・って、中々笑えない状況だと思うんですよね(笑)

理不尽を振りかざして得をするというか、楽をしようとしている人がいるんですよ。

(碌な物じゃないよ、本当に)

 

例えば世界に理不尽が一切ないフラットな環境があるとする。

多くの人が無理を言わずに穏やかに暮らしている奇跡の世界。

 

その中に、たった一人だけ、ほんの少しの我儘を言い出す人がいる。

周りの人に小さな小さな理不尽を振りまいている人がいるとする。

 

その人の理不尽に応えようとして無理をする人がいる。

そしてまたその人も余裕がなくなり、生きるために他者に理不尽を押し付けてしまう。

今回だけ、1回だけ、と・・・。

 

そんな人が複数出てきて、波及効果的に理不尽が広がっていく。

いつしか世界の皿には収まりきらない量の理不尽が生まれ出す。

 

理不尽が理不尽が呼ぶ。狂気の世界。

始まりはたった一人の小さな我儘だったのに。

プラマイゼロの世界は簡単に崩壊してしまいました、とさ・・・。

 

『この世に理不尽なんて無いよ。気にしすぎ(笑)』

って言う人が仮にいたとする。

 

貴方は深夜のコンビニを使用しないだろうか?

または救急車を利用することは一生ありはしないだろうか?

 

・・・それらのサービスも、他者に無理を強いて成り立っている。

人間が便利や安全・安心を追い求めた結果だろう。

 

まあだからと言ってそれらのサービスを撤廃しろというつもりも無い。

助け合うことで成り立っているのも自然界の定めだ。

 

しかし、過剰に求めすぎることで人間界全体の余裕はトータルでマイナスになっているのは間違いない(-_-;)

一旦、ちょっとした我慢、というか求めすぎないことを提案したい

 

・・・いや、分かっていはいる。

そんなことを言っていれば経済は衰退するのだ、ということは分かる。

(経済学なる物を齧っていたこともある)

 

しかしね。学問の中で定説を繰り返すことにも意味が無いだろう。

 

いや、違うな。かっこつけてるな。

経済なんてどうなろうがどうだって良いじゃない!

実のところ。他人を言い訳にするな!

 

大切なのは自分の視界に映る世界の幸せ、ではないだろうか?

それ以上の幸せを求めるというのは余りにもオーバーキル。処理できない!

 

個人の幸せは個人で守ろう!

という訳で、まずは理不尽を他者に要求するのは止めよう!

(理不尽の無い世界に住むために・・・!)

 

・・・という話。