僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

訳も分からず体が重たくて調子が悪かった話

ãã ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

今日は起きた時から何かがおかしかった。

爽快感は微塵もなく、正体不明のだるさに襲われていた。

 

それでも大体朝ご飯を食べたり、出社前に勉強したり、エクストリーム出社(自転車を漕いで通勤)をすれば調子が上がるものだが、今日はどうしても駄目だった。

 

日中に眠くなることはほとんど無いと自負している僕ですが、昼休みは強烈な眠気に襲われていたし、正直誰かと会話することさえもしんどかった

(気分的に、ではなく肉体的に・・・ってあれ?)

 

うん。気づいてみれば肉体的にしんどかったのだ、僕は。

え、何だろう? 何か思い当たる理由があったけな・・・? 

 

(-"-)!!!

 

前夜のトレーニング疲れではなかろうか!

 

日中、全く気付かなかったのですが、昨日の僕は結構しっかりとトレーニングをしていたので、その疲労が溜まっていたのではないかと推測。

よくよく思い返せばそう考えるのが最も自然なように感じられました。

 

しかし筋力トレーニングの疲れを翌日にこんなにも重たく感じることが今まであっただろうか?

風邪とか霊的な現象とか、しんど過ぎてその辺りばかりに原因を求めてしまっていましたね(笑)

 

まあ、週末に予想外の仕事が発生したり、平日にも想定外の仕事(トラブル)が発生して体力回復が図れていなかったり、普通以上に体力を消耗していることも無関係ではないと思いますが・・・(^^;)

 

常軌を加味してトレーニング自体の負荷を少し控えるべきだったのかもしれない.

でも、お腹周りがヤバいからそっちも手を抜けないよなぁ・・・(´;ω;`)

 

こんな時の対処方法ってどうすれば良いのだろうか?

 

①体力回復効率を高める努力をする(睡眠、栄養)

②テンションを無理やり上げるスキル、覚悟を身に着ける。

③素直に手を抜くかバタンキューしてしまう

 

・・・どれも違うんじゃないかなぁ、と思います。

正解は『追いトレーニング』!!

 

朝の余った時間を使って更なる肉体の酷使を試みるのです(^^♪

エンドルフィン全開で出社して行きましょう!!

 

まあ、現実的に考えたら負担がヤバそうなので止めておこう、となりますけどね(笑)