僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

マスコミの失敗者に対する叩き方に偽善と矛盾が溢れている

人間社会って他人を叩くのが大好き、ですよね・・・(^^;)

 

常日頃マスコミの取材の在り方には疑問を感じざるを得ないのですが、最近の『某芸能人が麻薬所持で逮捕されたニュース』を追っている姿勢が気持ち悪くてしょうがない。

 

捕まった当日にその事実が報じられる所まではまだ分かる。

しかし書類送検のために車移動するシーンを、かぶりつきたっぷり時間をかけて報道する意味が全く分からない。

 

ハッキリ言って全く興味が無いのにどの局を見ても同じシーンを流しているのだ。

気色悪い光景だ・・・。

 

しかも当たり前のように、親族に複数人で押しかけて取材している。

(当然、取材には応じない姿勢を見せていたにもかかわらずだ)

 

あらゆる角度から失敗者を執拗に攻撃し続けていくのだ。そのための手段は選ばない。

報道行為を支える信念があるのなら教えていただきたい。

一体、何がしたいのだろうか?

 

こんなスタイルを続けているようでは人間社会は堕落していくだけだと思う。

他人の失敗をありがたく眺めて叩き続けることで優位性を得ようとする社会。

 

そりゃもちろん逮捕されるような行為をする人が悪いのは間違いないですけれども。

見せしめのように扱って次の失敗を防ごうとしている、のだろうか?

(その効果は確かにあるかもしれない・・・?)

 

ただいたずらに営利目的で、過剰に他人を傷つけているように僕には思える。

不倫報道とかもそうだ。明らかにやりすぎと思われる報道が目立つ。

(そもそも、本来プライバシーの守られるべき範囲のはずだ。)

 

ここまでされると『死よりも苦痛』と感じる人がいてもおかしくないと思う。

誰に言われるまでもなく当たり前に気づくと思うけど、決して叩くのをやめない。

むしろ時代を追うにつれてヒートアップし続けている。

 

彼らが"いじめ自殺事件"を偉そうに報道できる立場なのだろうか?

 僕にはむしろ人々の異常性を煽っているようにしか見えない。

 

 これだからテレビって見たくなくなるんだよなぁ・・・。

 少なくとも今の在り方はやり過ぎだし、主観が入りすぎている。

 ・・・と、僕は思う。