僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

【テニス】素振りと壁打ちの効果的な練習方法

テニスの一人練習って色々とあると思いますけど、
最もお手軽なのは素振りですよね(^^)
手頃な壁があれば壁打ちなんかもポピュラーなトレーニングかと思います。


手を出しやすい練習である素振りと壁打ちですが、
取り扱いを間違えてしまうと毒にもなり得ると思います。


例えばですが、上記の練習を行った後に対人練習や試合を行った時に、
「何か調子が悪いな?」って感じたことありませんか?


素振りと壁打ちのトレーニング意義を理解していないと、
上記のようなことになってしまうかもしれないですね・・・(- -)?


素振りと壁打ちには理解しておくべき要素があるのです。


■一人練習で調子が悪くなってしまう原因って?
まずはこちらから考えていきましょう。もちろん、対応策も含めてです。


※素振り※
素振りは綺麗なフォームをイメージして行うことがほとんどではないでしょうか?
だから大体は理想のフォームを目指して同じスイングを繰り返すと思います。


しかし、実際のラリーでそんな理想のスイングを
出来ることがどれだけあるでしょうか(?_?)
よほど打球感やフットワークが素晴らしい人でもなければ、
ほとんど無いのではないでしょうか?


高かったり低かったり、遠かったり近かったり、打点が前だったり後ろだったり・・・
状況によって取るべきフォームは全然違いますよね。


それにもかかわらず、練習した"素振りのフォーム"を意識しすぎる、
つまり"素振りのフォーム"に寄せてしまうと、
試合中に本来行うべきスイングが出来なくなってしまいます。


素振りで調子を崩す原因は上記のように考えられます。


※壁打ち※
素振りよりかは実戦に近い練習ですが、
やはり対人練習や試合と比べると差異がありますよね。


まずボールが返ってくるタイミングがかなり早いですし、
打球の回転や軌道なんて本番と同じ訳が無いですよね。


壁打ちのテンポ、リズム、軌道に慣れてしまうと、
いざ本番という時に全く違うリズムで挑むわけですから、
「いつも通り」には行きにくいでしょう。


⇒つまるところ、素振りも壁打ちも本番とはかけ離れた練習なわけですね。
 ・・・ただ漫然と行うだけならば。


■まずは調子が悪くなる件についての対策
素振りと壁打ちによって調子が悪くなり得る原因は上記の通り。
では対策はどのようなものが考えられるでしょうか?


①試合になったら素振りや壁打ちの事は忘れる
⇒仮に素振りや壁打ちで上手くいったことがあっても、そのことは忘れる。
 あくまでも独りよがりな練習に過ぎないのだから。本番は本番だけに集中!


②ただの調整、気分転換として考える
⇒あんまりマジになって取り組まないということですね。遊びです!


③フィジカルトレーニングとして考える
⇒一人で延々と振り回しとか楽しそうですよね(^^♪


■有意義な素振りと壁打ちを考える
・・・っていやいやいやいや、ちょっと待ってほしい(-"-)!
上記の対策では素振りや壁打ちをあまりにも軽視し過ぎではないだろうか?


実戦的な練習とは思うな、とか本番では切り替えていけ!・・・とか。
まあそれはそれで有用な対策であると自負していますが、
練習としての素振りや壁打ちについて考察したいです。


※素振り※
問題なのは試合中に綺麗なフォームで打てることは少ない、ということ。
だから実用性はあまりないという理論。


であれば、素振りの段階から生きたボールを意識すれば良い!(^^)!
遠くに打たれたショットを走りながら返すイメージ。
ボールがイレギュラーして体勢が崩れてしまったイメージ。
サーブのトスが強風で逸れてしまったイメージ。


理想のスイングを頭と体に刻み込みすぎることが良くないので、
理想でないスイングを意識して素振りをすれば効果的でしょう!


※壁打ち※
壁打ちはボレーヤーと対戦する時のイメージで行えば
とても実践的な練習になると思います。


速いテンポで返ってくるボールに対応する意識、
覚悟を準備する練習と考えればとても優れていると思います(^^♪


■効果的な練習とは
色々書かせていただきましたが、何も考えずに先人に倣った
練習をしても効果が低いということですね!


むしろその練習の効果をいかに引き出すかに意識を置いて練習すれば
ぐんぐん力がつくと思います。
(練習がルーティンになっていると駄目だと思う。)


僕も現役時代に上記に気づけていたらなぁ・・・。
"自分で考える"という部分が疎かになっていたのは後悔しています(^^;


今はテニス以外の趣味も沢山あるので活かせていますけどね♪
一緒に頑張っていきましょう!