僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

【絶体絶命都市4】プレイング日記※ネタバレ含む

■あの名作が帰ってきた(2か月くらい前に)!!

色々なゴタゴタがあって発売されずじまいだった絶体絶命都市4

遂に2か月くらい前に発売されていました!!

 

僕は一応1~3をプレイしていて、4も超絶心待ちにしていたのですが、

PS4を購入しましたのでようやくプレイが出来ます!!

 

ふざけた選択肢やぶっ飛んだストーリーが売りなのは間違いないですが、

災害時の対応マニュアルもふんだんに紹介されるので、

勉強にもなるゲームだと信じています。

(特に3がその色が強かったかな。主題歌である『キミの隣りで・・・』も

 素晴らしいですのでオススメです!)

 

PS4を買ったら絶対にプレイしようと思っていました!

ということでスタートです!(^^)!

 

昔からの絶体絶命都市ファンの友達と一緒にやっているので、

クリアまでは少しかかりそうですけどね(笑)

 

■さあ、絶体絶命都市4を始めよう!

今作では初っ端から選択肢を選ぶことになります。

キャラクターエディット機能も実装されていることに驚きました。

 

そして何より・・・映像が結構キレイじゃありませんか(^^♪

すみません、現在のPS4のグラフィック力は正直分かりませんが、

過去作と比較すると圧倒的なクォリティです!!

 

そしてプレイスタート・・・

あ、チュートリアルとかは一切無いんですね(笑)

まあ、そんなに難しい操作もありませんし直ぐに覚えました。

 

被災したまま特に主人公の目的等も与えられず、

とりあえずその辺をぶらぶらとしてみるか、という感じです。

周りに同じく被災した人々が沢山いるのが何だかとても新鮮です!

 

今までのシリーズって基本的に主人公は孤立していたからなぁ(^^;)

 

そしてぶらついていると色々なドラマを目の当たりにしていきます。

それぞれ単発っぽい内容ですが、ここでの出会いや選択が

後々に絡み合ってきたりするのだろうか?

 

すみません、当然ですが前提知識が無いので全く仕様が分からず

適当に選択肢を進めるしかできない状況です(笑)

ここで紹介する意味のある出会いだったりするのだろうか(^^;)?

 

■再開!皆勤賞のあの方!!

割と序盤で比嘉さんにお会いできました(^^♪

この人、顔も声も変わっている気がするけど、過去に被災経験があるって

言っているし同一人物なんだろうなぁ・・・。皆勤賞です!

 

現在、比嘉さんは教師らしいです。

絶体絶命都市3でも生徒と行動していたと思うので、その延長ではあるようですね。

(良かった・・・主人公に見捨てられて絶命した比嘉さんは正史じゃないんだね)

 

今回も運悪く被災してしまったようですが、結構重要な人物っぽいです。

今のところ主人公のストーリーのヒロイン的な立ち位置ですね。

色々な生徒がいて手を焼いているようです(-_-;)

そしてその生徒さんも癖がありそうな方々です。

 

■割と詰みがちな攻略手順(笑)

ストーリーを進めていて、割と何回か詰みました(´;ω;`)

 

物語の目的がよく分からないのでどこに進めば良いのか分からんし、

それとフラグが立つタイミングがよく分からないんですよね(笑)

しかもそれっぽい偽物オブジェクトがチラホラと。

 

ヒントもあまり無いですし・・・(-_-;)

まあ、これについては2時間もプレイしていれば大体掴めてきますので

あまり心配はいらないかと。

 

とにかく街を駆け回りながら人々にタックルをかましていれば

ムービーが昇華されて話が進みます(笑)

あとは要所要所で〇ボタンを押すことを忘れないように!

 

絶体絶命都市4は雰囲気やストーリーを楽しむ小説的なゲームなので

そこはあまり重視しなくて良いのだ!

 

■悪行ポイントって何ぞや?

ふざけた選択肢をスルーしきれずに遊んでいたら悪行ポイントなるものが

追加されてしまいました(;^ω^)

善行ポイントが付与されることもありました。

 

説明は一切ないが、これもストーリーとかエンディングに

関わってくるのだろうか?

 

ちなみにそれらのポイントが付与されたのはとあるコンビニ。

見るからに怪しげな店長に出会ったところで今日はフィニッシュ!

 

今のところ主人公の目的はよく分かりません(笑)

女子高生たちに流されるがままという感じです。

 

今までは危険が迫ってきているから逃げろ!って感じだったけど

今回は逃げずに待っている沢山の人がいるからなぁ・・・。

まあ、まだ序盤も序盤なのでこれからでしょう!(^^)!

 

絶体絶命都市4・・・僕は君に期待しているからね!