僕の趣味が行き交う街

僕の趣味に関するエッセイです!

読書

目が滑る読書術。若かりし日に駆使した速読法の罠だと思う。

昔は読書好きを自称していた僕ですが、最近は文字を読んでも中々頭に入ってこないことがある。 俗に言う目が滑るというやつだ。 資料を読んでいて気が付いたら数行分の記憶が飛んでいたりする。 あ、あれ?? 読んだはずなのに何も理解できていない(^^;) こ…

要約サイトで『詳しくは本書で!』は禁句じゃない??

最近、本の要約サイトをよく利用している。 気になる本の概要を知ることが出来るのは便利だし、色々とザッピングして今まで手に取ることの無かった本に出合えて実に良い。 ポイントはお手軽さだと思います(^^♪ 時間的にも費用的にも低コストで色々な情報をお…

斜め読みが学習の邪魔をする程に悪癖と化していた

斜め読み。サラッと流し見して要点だけ拾う読み方。僕はコレが常態化してしまっていた。 書類を読むときもWEBサイトを見る時も斜め読み。 そのせいで新しい知識が身に着きにくくなっている。 斜め読みは答えをピックアップする時には役に立つんですが、理解…

【感想】"システム発注から導入までを成功させる90の鉄則"を読みました

この本はシステム発注側の担当者向けの本です。 対して僕はベンダー側の人間です。(本来の対象ではない) ただ、それでもこの本は面白かったし参考になりました。 スマートな説明で分かりやすい! もともとこの本を手に取った理由はシンプルで『ユーザ側の…

文章を読む忍耐力を取り戻したい

長文を全て読まない ・・・というのは別に間違っていないと思う。 仕事をしていたら時間が足りなくなってくる。 馬鹿正直にすべての文章を読んでいては捌ききれない時が来る。 という具合にめんどくさがって文章を斜め読みする癖がついてしまった。 それっぽ…

【読書要約】集中するタイミングを活かす。話し方だけで得をする。

2冊の本の一部を要約しました。 【目次】 ①集中できる時間帯に難しい仕事をする ②人を動かす話し方の肝は「感情を動かす意識」 ①集中できる時間帯に難しい仕事をする 人が集中力を発揮できる時間は有限。 一日のすべてを集中するというのは難しいし長続きし…

【読書要約】勉強ではアウトプットを意識的にしよう!

あえてタイトルは言わず・・・読書の要約。 学びにはアウトプットこそが重要。 ・・・らしいです。 記憶というものはインプットの時だけでなくアウトプットの時にも促進される。 短期間の間で複数回にわたって使用された知識は重要な知識として記憶される。 …

【読書】『自分を動かす』技術のエッセンス⑤

いよいよ最終章です。テーマは『悪癖から抜け出すにはどうしたらいいか』って感じですね。 その答えは割と単純で悪癖を自分の生活圏から追いやること、と言えそうです。 理想としては悪癖のことを思い出せもしないような状況にしてしまうこと。 ただ、完全に…

【読書】『自分を動かす』技術のエッセンス③

第3章は『頑張るための豆知識集』・・・って感じです。 知らないよりかは知っておいた方が良い。 知っておくことで対策が出来るから。 第2章の内容を肉付けするような内容かな。 ・何かを始めるためにはハードルを極力低く設定しておく ・5分というわずか…

【読書】『自分を動かす』技術のエッセンス②

最近、Javaの勉強をしています。 毎日毎日継続的に勉強できている自分に驚きです。 今回紹介するこの本の影響も大きいと思います(^^♪ パート2の要約は アホほど低い目標を立てて絶対に毎日やれ!! これだけ。マジで本当にこれだけ。しかし奥義である。 ◆や…

【読書】『自分を動かす』技術のエッセンス①

手軽に読める1冊が欲しいと思って買いました。 『自分を動かす』技術 選んだポイントは読みやすそうだから。 実際、読みやすかった。 マンガで簡易的な説明があり、文章で詳細を補足するスタイル。 難しい説明は基本的にありませんでした。 ただ、反対に内容…

【読書】ニムロッドを読んでみたので感想

感想は・・・『何と言っていいのか』、という感じです(笑) 読んでみて良かったとは思いますけど、何が面白かったのかと問われると難しい。 ※以下、ネタバレを含むかもしれない。 と言ったものの、この作品に関しては特にネタバレとなる要素は無いかもしれな…

【読書】史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち の感想

どうやら『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』という本は、史上最強の哲学入門というシリーズの第2作目のようです。 タイトルの通り、東洋哲学の歴史やエッセンスを説明してくれている本なのですが、筆者も初めに語っている通りこの本を読めば東洋哲学が理…

僕が本を買うのは2回以上読みたいと思った時

こんばんは。 僕も決して人に比べて読書量が多いわけではないです。 その証拠に僕の本棚はたった一つで事足りてるし、まだ空いているスペースもある。 でも僕はこれを恥ずかしいことだとは思わない。 僕は本を買う時に"厳選をしている"という自負があるから…